ゴーヤ 雄花 雌花

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤ 雄花と雌花の違い 画像

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


GoyaCurtain (1)

ゴーヤには雄花と雌花があります

 

 

ゴーヤの花は一見同じ小さな黄色い花のように見えますが、
雄花と雌花の違いはなんでしょうか?
画像でその違いを具体的にご紹介しましょう。 

 

■ゴーヤ 雄花と雌花の違い 画像

 

1.雄花と雌花の形の違い
ゴーヤの花は一見するとみんな同じ黄色い小さな花です。
しかし、よく見てみると、雄花と雌花は形が違うのが分かります。

 

 

goya (7)
ゴーヤの雄花

 

 

雄花は中央に黄色い雄しべがあります。
花の下はガクがありますが、
ガクの下は小さな丸いふくらみがあるだけで、

その下は細いツルに繋がっています。

 

 

goya-mebana
ゴーヤの雌花、正面

 

 

goyamebana

ゴーヤの雌花、後ろ側から

 

雌花は花の中央に黄緑色の雌しべがついています。
花の下には、小さなゴーヤの赤ちゃんのがついているのが分かります。

 

雌花の雌しべに雄花の花粉が付くと受粉し、
ゴーヤの赤ちゃんが膨らみ始めてゴーヤの実になります。

 

2.雄花と雌花の役割
雄花は雄しべに花粉を作り、
雌花は雌しべで雄しべの花粉を受け取って受粉し実をつけます。

 

ゴーヤのように雄しべと雌しべに分かれていて、
他の花から花粉をもらって受粉することを「他家受粉」といいます。

 

花の中には、同じ花に雌しべと雄しべがあって、
一つの花の中で受粉を行う「自家受粉」をするものもあります。

 

自家受粉は確実に自分の子孫を残すことができます。
しかし、自分以外の株から遺伝子を受け取る機会を失ってしまいます。

 

自然界で生き残るためには、自分以外の株から遺伝子を受け取り、
より強い種を保存し、繁栄させる必要があります。

 

ゴーヤが雄花と雌花に分かれていて他家受粉を行うのは、
より強くて丈夫な子孫を残すためなのです。

 

3.雄花と雌花の数の違い
ゴーヤの花をよく見ると、雄花の方が多いことに気が付きます。
ゴーヤの雌花は、ゴーヤの花全体のたった10%しか咲きません。

 

 

go-ya

1割の中から着果したゴーヤたち

 

 

4.雄花と雌花の咲く時期の違い
ゴーヤの花の90%は雄花です。
しかも、ある時期まで雌花は全く咲かないのです。

 

ゴーヤは長日条件を持つ植物です。
夜の時間よりも昼の時間が長い間は、雌花をつけない性質があります。

 

ゴーヤの雌花は夏至を過ぎた7月上旬ごろから咲きはじめます。
7月の上旬を迎えるころには、株が大きく生長しています。

 

株が充実する前に実がなってしまうと、
株がそれ以上生長することができなくなって、
実のなる数が少なくなってしまいます。

 

株が充分成長したころに雌花が咲き、
たくさんの雄花が用意した花粉が虫によって雌花に運ばれ、
ゴーヤは確実にたくさんの実をつけます。

 

虫が来ない地域やベランダでは、ゴーヤに人工授粉をしてあげます。

 

■参考
ゴーヤ 地植えの育て方

ゴーヤ プランターの育て方

ゴーヤ 収穫時期は?



スポンサードリンク

 

タグ :  

ゴーヤ栽培 Q&A    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

人気の記事