天翔 特徴と育て方

ゴーヤの育て方.com

天翔 特徴と育て方

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


天翔

 

 

天翔は節成り性を持っている緑ゴーヤでたくさんの収穫が見込めます。
正式には、「F1 ゴーヤ 節成 天翔」と記されています。

 

松永育苗から販売されているゴーヤ品種です。

天翔の特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

■天翔 特徴と育て方

 

1.天翔 特徴
・実の長さは24cm~28cmとやや短く、太さは6cmくらいになります。

 

・肩の張りがよく、形が揃います。

 

・節成り性を持っているゴーヤで、

同じ松永育苗から販売されてているブランドより3倍多く雌花がつきます。

 

・摘心をすることでよりたくさん収穫ができます。

 

2.天翔 育て方
・基本は一般的なゴーヤと一緒で、株間を広く取って植え付け、つるを這わせる場所を作っておきます。

 

・生育が早く、どんどん伸びていくので、早いうちからつるを這わせておきます。

 

・連続節位に雌花がつきますが、早いうちから着果させてしまうと、

草勢が維持できなくなってしますので、下位節は摘み取ります。

 

・節成り性を持っている分、摘心しなくても収量が多いですが、出来る限り摘心します。
より多くたくさん収穫したい場合も摘心をして子づるに着果させます。

 

・肥料や水分がたくさん必要になるので肥料不足や水不足には気をつけます。

 

・肥料切れにならないよう、早め早めの追肥を心がけ、追肥の頻度を高くします。
追肥の開始は、着果してから行います。

 

・同じく水切れにならないように注意し、夏場は1日2回は与え、
必要に応じて水やりの回数を増やします。

 

・収穫時、葉の色とゴーヤの色がよく似ているので見逃さないよう早どりをして株の草勢を保ちます。

 

3.天翔 適作型
・種から育てることが多い品種になるので、保温や加温ができる簡易施設を作り、
発芽温度の25℃~30℃を保つようにします。

 

・暖地のトンネル栽培なら3月から播種できます。

 

・露地は気温が上がってから行い、5月まで播種が可能です。

 

 

お浸しにして食べても美味です

 

 

4.天翔 食べ方
・ヘタを切り落とし、中のワタを取ってから食べます。

 

・ゴーヤ料理に使うとゴーヤ特有の苦みを感じることができます。

 

・苦手であれば塩もみをしたり油と一緒に炒めることで緩和されます。

 

■参考
・ゴーヤ 緑のカーテン
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?



スポンサードリンク

 

タグ : 

ゴーヤ 品種

人気の記事