白大長れいし 特徴と育て方

ゴーヤの育て方.com

白大長れいし 特徴と育て方

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


白大長れいし

 

 

白大長れいしはナカハラのたねから販売されているゴーヤ品種で、
一般的なゴーヤよりも実が長く、色は淡い緑色~白色になります。

 

白大長れいしの特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

■白大長れいし 特徴と育て方

 

1.白大長れいし 特徴
・一般的なゴーヤよりも長さがあり、
35cm以上になり、大きいと40cmくらいになります。

 

・頭の部分と尻の部分は細く尖ります。

 

・大長れいしの中では珍しい白ゴーヤで、
果皮は栽培により淡い緑色~白色になります。

 

・苦みも淡く、食べやすいです。

 

 

 

 

2.白大長れいし 育て方
・一般的なゴーヤの育て方と、白ゴーヤの育て方に沿って栽培します。

 

・元肥は十分に入れ、追肥を開始するまでに肥料切れにならないようにします。

 

・暑さや病害虫に対しては強いですが、低温には弱く、
低温で植え付けると生育か鈍るので、十分に気温が上がってから植え付けます。

 

・白ゴーヤの特徴として、緑ゴーヤより生育が大人しいので、
生育適温を確保して生育を促すことが大事です。

 

・親づるが伸びてきたら摘心をし、子づるを伸ばして着果させるのが基本です。

 

・水を好む野菜なので、栽培初期から乾燥させないように水やりに注意し、
夏場は土の状態を見て水やりの回数を増やします。

 

・生育が大人しい分、追肥は少し早めに行い、草勢が弱らないようにします。

 

・追肥開始の時期は収穫が始まってから行いますが、
草勢を見てもう少し早い実がつき始めてから行っても良いです。

 

・また、収穫が遅れても草勢が落ちる原因になるので、早めに収穫します。

 

3.白大長れいし 適作型
・作型は一般的なゴーヤと同じで、地方に合った時期に育てます。

 

・暖地規準で3月から播種ができ、遅くても5月上旬までに播種します。

 

・播種から植え付けまで、保温したり加温をし、生育させます。

 

4.白大長れいし 食べ方
・ヘタを取り、中のワタを取って下処理をしてから食べます。

 

・苦みがマイルドで油で炒めたり、酢の物にしても食べることができます。

 

■参考
・ゴーヤ 緑のカーテン
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?



スポンサードリンク

 

タグ : 

ゴーヤ 品種

人気の記事