長福 特徴と育て方

ゴーヤの育て方.com

長福 特徴と育て方

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


長福

 

 

長福(ちょうふく)は、
大和農園グループから販売されている中長のゴーヤ品種です。

 

同じ大和農園グループから販売されている、
沖縄ゴーヤーや緑福より長さがあります。

 

長福の特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

■長福 特徴と育て方

 

1.長福 特徴
・実の長さは27cm~30cmとやや長く、太さは6cm~7cmに揃います。

 

・節成り性が高く、子づるの発生も良いです。

 

・苦みは中程度で、丁度よい苦みです。

 

・生育が旺盛で栽培しやすく、つるも太いです。

 

 

 

 

2.長福 育て方
・基本は一緒で、地植え栽培(露地栽培)やプランター栽培ができ、
どちらも棚やネットでつるを這わせるスペースを取り、株間は広く取ります。

 

・生育が旺盛な分、元肥は抑え、土は保水性が良い土を作ります。

 

・節成り性を持っていて、雌花のつきが良いですが、
摘心することでより多く収穫することができます。

 

・摘心をする場合は一般的なゴーヤと同様に行い、子づる孫づるを伸ばします。

 

・たくさん着果するので、草勢が落ちないように管理します。

 

・肥料不足、肥料切れに注意し、2週間に1回の追肥を行いますが、
2週間以内に行い、早めの追肥を心がけます。

 

・水不足にも注意し、夏場は水やりの頻度を増やして対応します。

 

・草勢が強く、子づるの発生も良いので育ってくると葉やつるが覆い茂り、
風通しや日当たりが悪くなるので、不要な葉やつるを摘みます。

 

・収穫遅れも草勢が落ちる原因になるので早どりをします。

 

3.長福 適作型
・種から育てる場合で加温や保温ができる環境では2月くらいから播種します。

 

・発芽温度が高いので、普通栽培では3月~4月から播種して、
保温をしたり室内で管理して温度を確保します。

 

・植え付けも気温が上がってから行います。

 

 

揚げても美味しいです

 

 

4.長福 食べ方
・ヘタを取り、ワタを取ってから調理しますが、
ワタをしっかり取っておくと苦みが緩和します。

 

・適度な苦みで、油炒めにすると食べやすいです。

 

・苦手であれば塩もみをしたりすると、苦みが抜けます。

 

■参考
・ゴーヤ 緑のカーテン
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?



スポンサードリンク

 

タグ : 

ゴーヤ 品種    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

人気の記事