ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤとは?

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


nagagoya
長ゴーヤも人気があります

 

 

ゴーヤ(ニガウリ、ツルレイシ、Bitter melon)は、
ごつごつとした風貌と独特の苦みで、
夏野菜としてすっかりおなじみになりました。

ところで、ゴーヤとはいったいどのような野菜なのでしょう?

 

健康に良い事は何となくわかっていても、
詳しいことはあまり知られていないのかもしれませんね。

 

実はゴーヤには、「苦い」「健康に良い」ことのほかにも、
たくさんの魅力があるのです。

 

 

■ゴーヤとは?

スーパーで初めてゴーヤを見た時は、
そのユニークな風貌に驚いたのではないでしょうか?

さらに、かなり高価だった記憶があります。

 

食べてみたらインパクトのある苦みに、
きっと、もっと驚いたことでしょう。

 

でも、なぜか病み付きになってしまう、
不思議な魅力を持つゴーヤについて調べてみました。

 

◎栽培地
ゴーヤは沖縄から九州にかけて古くから栽培されてきた野菜です。
しかし、繁殖力は旺盛で、本州はもちろん、
東北や北海道でも栽培することができます。

 

最近は緑のカーテンとしても注目され、
全国各地で栽培されています。

 

◎種類
ゴーヤは交配され、たくさんの種類が増えてきています。
種類によって、形や苦みは様々です。

 

沖縄で栽培されてきたあばしゴーヤは丸みを帯びた形をしていて、苦みはマイルドです。
鹿児島など、九州で取れる長れいしは細長く、苦みが強いのが特徴です。
最近は、苦みが少ない白いゴーヤも登場しました。

 

 

midorinokaten
グリーンカーテンは、直射日光の熱を80%カットしてくれるそうです

 

 

◎緑のカーテンに最適
ゴーヤはつるを広くのばしながら生長していく植物です。
日当たりが良ければ栽培場所は選ばず、
プランター栽培にも適し、どんどん生長します。

 

繁殖力は旺盛で、ひと夏で住宅の壁面をしっかり覆うくらい繁茂します。
その性質を利用して、緑のカーテンや、緑のトンネルなど、
好みの形に仕立てることができて便利ですね。

 

ゴーヤが作る日陰は直射日光の熱を80%も防いでくれるので、
エアコンなど電気代の大幅な節約にもなります。

 

◎家庭菜園での収穫量
ゴーヤは大きく育ち、次々に花を咲かせ、たくさんの実をつけます。
夏の間は、たくさんのゴーヤを収穫することができます。

 

ゴーヤ栽培では、深型プランターで30本前後、
地植えだと40~50本も収穫することができます。

 

早めに摘心をしたり自家受粉すると、収穫量を増やすことができます。
また、水やりや追肥など、日ごろの管理が収穫量を高めます。

 

 

goya04
ゴーヤの肉詰めは我が家で定番料理です

 

◎ゴーヤの栄養
ゴーヤのビタミンCの含有量は、野菜の中でもトップクラスです。

ビタミンCは通常熱を加えると壊れてしまいますが、
ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱調理しても壊れることはありません。

食物繊維やカルシウムや鉄分も豊富で、
健康に良い成分がたくさん含まれています。

 

独特の苦みは、血糖値をやコレステロールの値を、
下げるにことにも役立ってくれます。

 

>>ゴーヤの種と苗を各種見てみる



スポンサードリンク

 

タグ :

ゴーヤ    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

人気の記事