ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤ 栄養と効用

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


goya
ゴーヤチャンプルは美味で元気になります♪

 

 

ゴーヤは、夏バテ防止に効果的な野菜です。
ビタミンCのほか、たくさんの栄養素を含んでいます。

 

 

■ゴーヤ 栄養と効用

 

・ビタミンC
ゴーヤのビタミンは、数ある野菜の中でも飛びぬけて多く、
ビタミンCが多い果物の代表であるキウイ以上です。

 

ビタミンCは水溶性のビタミンCで、熱や水に弱いのですが、
ゴーヤのビタミンCだけは、熱を加えても壊れません。

 

ビタミンCは強い抗酸化作用があり、紫外線や空気中の有害物質によって、
酸化物質ができるのを防ぎ、細胞が老化するのを防ぎます。

 

ビタミンCにはコラーゲンを生成する作用があります。
コラーゲンは細胞同士をつなぎ止める役割があり、
肌の艶もよくしてくれるんですね。

 

神経伝達物質のアドレナリンやドーパミンの生成や、
抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成に働き、
ストレスや緊張を和らげてくれます。

 

鉄分と結びついてヘモグロビンを作る役割を果たすので、
血液が酸素を運ぶ能力を高め貧血を予防します。

 

 

go-ya

ピザやグラタンにもおいしいゴーヤ!

 

 

・ビタミンB1
ビタミンB1は水溶性のビタミンで、疲労回復のビタミンと呼ばれています。
炭水化物の代謝を助け、エネルギーに変えてくれる働きを持っています。

 

脳の働きには炭水化物から分解された糖質が必要です。
ビタミンB1は脳にブドウ糖を届け、
脳の働きを正常に保つ役割を果たしています。

 

アルツハイマー病の予防に役立つとも言われています。

 

・ビタミンB2
ビタミンB2は、美容と発育のビタミンと呼ばれています。
炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進し、
エネルギーに変える働きを持っています。

 

特に、脂質の代謝を活発にしてくれます。
そのため、糖尿病などの生活習慣病を予防し、
ダイエットの効果を高めてくれます。

 

・葉酸
ビタミンB群の仲間です。
細胞にはDNAがありますが、
葉酸はDNAの合成に欠かせない栄養素です。

 

・カリウム
細胞の中の余分なナトリウムを身体の外に出してくれます。
高血圧を予防し、むくみを取り除いてくれます。

 

・カルシウム
身体の中のカルシウムのほとんどは骨の中に蓄えられています。
骨は破壊されたり再生されたりしていますが、
再生されるときに骨を作る材料として活躍します。

 

また、わずかな量ですが血液や筋肉の中にも存在していて、
止血をしたり神経や筋肉の運動に使われたりしています。
カルシウムは生命活動には欠かせない役割を果たしています。

 

・鉄
鉄分は75%が赤血球をつくるために使われます。
そのため、貧血を予防するのには欠かせない栄養素です

 

 

goya35

スライスしてサラダにも美味

 

 

・食物繊維
食物繊維は腸の中で水分を含み、便秘を予防してくれます。
また、脂質や糖質の吸収を穏やかにし、
血糖値が急激に上昇するのを防ぐので糖尿病の予防に働きます。

 

・チャランチン
インスリンとグルカゴンの分泌を促し、
糖尿病の予防に効果を発揮します。

 

・モモデルシン
ゴーヤの苦みのもととなっている成分です。
胃腸の粘膜を保護し、食欲を増進させます。
コレステロールを下げる効果もあります。

 

・コロコリン酸
インスリンの分泌を促進するので、糖尿病の予防に効果的です。

 

■参考



スポンサードリンク

 

タグ :  

ゴーヤ    コメント:0

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

人気の記事