ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤ栽培の用土

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


goya
ゴーヤが元気に育つのには良い用土を作ることが大切です

 

 

ゴーヤは、生長が早い野菜で、収穫量も多いです!

ゴーヤの生長を促し、
ゴーヤを大量収穫できる土づくりをご紹介します。

 

 

■ゴーヤ栽培の用土

 

1.ゴーヤの好む土壌
ゴーヤは水はけのよい、肥沃な土壌を好みます。
市販の培養土、野菜用土で大丈夫です。
自作する場合は、赤玉土小粒7に、腐葉土を3の割合で良いです。

 

 

youdo-1

ゴーヤ用の用土

 

 

植物の多くは弱酸性の土壌を好みます。
しかしゴーヤは、中性から弱酸性の土壌を好みます。

 

地植えなどの場合には、土壌pHを確認するのも良いでしょう。
土壌のpHは、土壌酸度計やpH試験紙で計ることができます。

 

土壌酸度系やpH試験紙は、ホームセンターや園芸店で手に入れることができます。
事前に土壌のpHを計って、ゴーヤが育ちやすい土壌を用意しましょう。

 

 

phsikennsi
pH試験紙、小さくて使いやすいです、用途も多様! C)ファーストマーケット

 

 

2.ゴーヤ畑の準備
ゴーヤの畑の準備は、植え付けよりも2~4週間前から行うのが理想的です。

 

早くから畑の準備を行うのは、土壌改良材や堆肥を熟成させ、
畑に良くなじませるためです。

 

ゴーヤの根がしっかりと伸びて行けるように、畑は深く耕します。
土壌が酸性の場合は苦土石灰を入れて中和させます。

 

この時に堆肥を1平方メートル当たり2kg入れてよく耕しておきます。
植え付けの2週間前には有機入り肥料を15~20g漉き込んでおきます。

 

3.ゴーヤの好む肥料
ゴーヤは夏の高温期になると、

葉から蒸発する水分の量が増え、生長の勢いが衰えます。
そのため、真夏に入るまでにできるだけ大きく育てる必要があります。 

 

ゴーヤを勢いよく大きく育てるのに、

元肥は大変重要な役割を果たします。
ゴーヤの生育期間は長いので、

できれば肥料の効き目はゆっくり長く効く方が良いです。

 

有機肥料は牛糞が代表的です。
牛糞は土壌改良としての効果は優れていますが、
肥料成分としての効果は弱いという特徴があります。

 

鶏糞は効果が高く、値段も手ごろで使いやすいのですが、
使いすぎると土壌がアルカリ性に傾いてしまいます。

 

ゴーヤの堆肥には土壌改良効果があり、
肥料成分がゆっくりと効く牛糞と、
即効性で栄養価の高い鶏糞を混合して使うとよいでしょう。

 

また、牛糞と鶏糞にバーク堆肥を混ぜると、
バーク堆肥が肥料成分を蓄え、
ゆっくりと畑に浸透するのを助けるため肥料もちがよくなります。
*バーク堆肥とは、木の皮や木材チップを発酵させたもので、
2~3割程度混ぜ込むと土壌改良材として効果的です。

 

 

goya20(6)

結実しても、肥料切れを起こさないように追肥します

 

 

4.ゴーヤの追肥
生育期間が長く、つる性で大きく育ち、
実も大量につけるゴーヤは、いくら元肥をたくさん入れても、
生育の途中で肥料切れを起こしてしまいます。

 

ゴーヤの実が付きはじめたら、追肥を行う必要があります。
ゴーヤの追肥には、液肥を使うと良いでしょう。
2週間に一度、液肥を薄めたものを水やりの代わりに施します。

>>ゴーヤの種と苗を各種見てみる

 

タグ : 

ゴーヤ栽培の用土    コメント:0