ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


goyanae
ゴーヤは剪定でよく育ちます

 

 

夏に散歩をしていると、ゴーヤを剪定せずに、
ネットに絡ませているのを目撃します。
もったいないことです!!!

 

ゴーヤをじょうずに剪定・摘芯(ピンチ、芯止め)すると、
より多くの大きなゴーヤの実の収穫を期待できます。

 

さらに、実を採ることより、
「緑のカーテン」として葉を厚く茂らせたい場合には、
葉をたくさん茂らせるための剪定、摘芯方法があります。

 

 

■ゴーヤ 剪定の仕方は?

 

1.ゴーヤを剪定・摘芯する理由 
ゴーヤはつるを大きく広げながら育っていきます。

 

まず、親づるが伸びていきますが、
芯止めといわれる摘芯を行わないと、脇芽が伸びて来ません。

 

ゴーヤの脇芽を子づる、子づるの脇芽を孫づると呼びます。
ゴーヤの花には雄花と雌花がありますが、
雌花は子づるに多くできる習性があります。

 

実をたくさん収穫するためには、子づるを伸ばす必要があります。
また、実を収穫するためには、真夏の高温期までにしっかりと成長し、
葉がたくさん茂っている状態にすることが大切です。

 

緑のカーテンを仕立てるためにも、摘芯は欠かせません。
子づるを生長させ、さらに摘芯して孫つるを伸ばすことによって、
ネットに密に葉が茂った美しいカーテンが出来上がります。

 

 

goyatekisinOK

ゴーヤを多く実らせる剪定・摘芯

 

 

2.多くの実を収穫したいときの剪定・摘芯の仕方は?
実の収穫を優先したいときは、
1回目の摘芯は本葉が4~5枚ほど生えて来た時に行います。 

 

つるの先を、はさみで切り落とします。
子つるは上の方が生長に勢いがあります。

 

そのため、上から3本の子づるを残し、
下の方の子づるは摘み取ってしまいます。

 

生長し、ネットからつるがはみ出してきたら、
はみ出したつるは切り落とします。

 

実が成り始めたら、収穫したつるとその下のつるを切り落とします。

 

こうすることにより、日当たりが良くなって脇芽の生長が早くなり、
新たに雌花が咲きやすくなります。
*購入した苗は、植え付け後1週間ほどして、活着後に摘芯します。
植え付けると同時に摘芯すると、株がダメージを受け、
その後の生長が鈍ったり枯れることもあるので注意しましょう。

 

 

goya010

実際の苗で見るとこのようになります

 

 

goya000

もったいない気がしますが、この摘芯=ピンチで収穫が増えます!

 

 

3.ゴーヤを茂らせる剪定・摘芯の仕方は?
実の収穫よりも、緑のカーテンの役目を重視して、
厚く茂らせるには、つるの生長を最優先させます。

 

そのため、1回目の摘芯は、
収穫が目的の栽培よりは少し遅く行います。

 

本葉が8枚ほどになった時に、1回目の摘芯を行います。
はさみで葉先を切り落とすだけで良いでしょう。

 

つるを誘引しながら育てていきますが、
草丈が1mくらいになるまでは、
実が成らないように雌花を切り取ります。

 

やがてネットの端からつるがはみ出してきますが、
はみ出したつるは切り取ってしまいます。

 

すると、孫つるが伸びてきて、子つるの間を埋め、
葉がどんどん茂って密になって緑のカーテンに相応しくなります。
>>ゴーヤの種と苗を各種見てみる

 

タグ :  

ゴーヤ 剪定    コメント:0