ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤ栽培 コツ

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


ゴーヤ、いっぱいなると嬉しいですね

 

 

ゴーヤの栽培は比較的簡単とはいうものの、
やはり初心者にとっては不安ですし、
慣れている方も何故か良く生長しないシーズンがあります。

 

ゴーヤ栽培をする時のコツを確認してみると、
失敗の原因が分かるかもしれませんのでご紹介します


 

タグ : 

ゴーヤ栽培 Q&A    コメント:1

ゴーヤ栽培 相性

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


goya (2)

ゴーヤはとても丈夫で、生育も旺盛で育てやすい野菜です

 

 

ところが、そんなゴーヤでも病害虫の被害にあうことがあります。

防除するために薬剤を使う方法はありますが、
できれば薬剤を使わずに育てたいと思うのが家庭菜園です。

 

ゴーヤと相性の良い植物を一緒に育てることで、
ゴーヤの病害虫を予防する効果が期待できるものあります。

 

こういった、特定の植物を一緒に育てることで、
良い効果を得ることができる植物のことを、コンパニオンプランツを呼びます。

 

反対に、一緒に育てると良くない効果が出るものもあるので要注意です。
ゴーヤ栽培では、どのような植物がゴーヤと相性の良い植物なのでしょうか。

 

 

[ゴーヤ栽培 相性]

 

 

■相性の良い植物

 

ゴーヤはウリ科に分類されているので、
ウリ科と相性の良い植物が、すなわちゴーヤと相性の良い植物といえます。

 

地植えでもプランターなどの容器栽培でも、
次に挙げる植物とゴーヤを混植することで、
良い効果が得られるので、試してみてください。

 

 

hanegi

・ネギ、ニラ類(ユリ科)
ゴーヤと相性の良い植物の代表は、ネギやニラなどのユリ科植物です。
効果としては、ゴーヤがかかりやすい病害虫を予防します。

 

ネギなどのユリ科の植物の根には、特定の菌を抑制する力があります。
特にゴーヤの場合は、連作によってかかりやすくなる、
青枯病や萎凋病などの予防に効果があります。

 

他にも、ネギやニラの独特の香りを嫌う害虫がいるため、害虫予防にもなります。

 

ネギやニラの他にも、チャイブアサツキも混植すると、同様の効果が期待できます。
もちろん、混植した野菜は、生長したら収穫をして食べることができます。
病害虫の予防もできて、食べることもできるなら、植えない手はありません。

 

混植する時は、ネギ類の根の効果を最大限に生かせるように、
ゴーヤの根鉢にくっつけた状態で植え付けるのがお勧めです。

 

ゴーヤの根とネギ類の根を近づけることで、根に近づく病原菌を抑えます。
また、根が近い分、ネギ類の葉とゴーヤのツルや葉も近くなるので、
害虫予防の効果も高めることができます。

 

 

Marigold

・マリーゴールド
ゴーヤはウリ科の植物です。
ウリ科の植物は、毎年同じ場所や同じ土で育てることで、
病害虫にかかりやすくなる「連作障害」が出やすい植物です。

 

ゴーヤに限らず、キュウリやカボチャなどもウリ科です。
前年にキュウリを育てていたとしても、同じ場所でゴーヤを育てれば、
同じウリ科の植物なので連作障害が出やすくなります。

 

この連作障害の中の1つに、センチュウによる被害があります。
中でもネコブセンチュウの被害が出ると、株が徐々に弱って枯れてしまったり、
突然枯れてしまったりすることがあります。

 

ネコブセンチュウの被害にあったゴーヤは、
引き抜いてみると根に小さなコブのようなものがたくさんつきます。

 

このコブができることにより、根が正常に機能しなくなり枯れてしまうのです。
ゴーヤは気温が高くなって生育スピードが早くなってくると、
吸い上げる水分や養分の量が増えます。

 

生長期にセンチュウ被害で、
根が正常に機能しなくなれば、枯れてしまうのは必至です。

 

こういったセンチュウ類の防除に役立ってくれるのが、マリーゴールドです。
マリーゴールド自体は、センチュウを殺虫することはできません。

 

けれど、マリーゴールドをゴーヤの近くに植えることで、
センチュウを近づけないようにすることができます。

 

マリーゴールドを混植する場合、ネギ類ほど近くに植える必要はありません。
ただし、プランターなど容器栽培の場合は、必ず同じ容器の中に植えます。

 

 

ingen

インゲンマメはゴーヤと相性が悪いです

 

 

■相性の悪い植物

 

ゴーヤと相性の良い植物もあれば、悪い植物もあります。
ゴーヤと相性の悪い植物の代表は、マメ類です。

 

生育時期が重なるマメ類には、インゲンやエダマメなどがありますが、
これらをゴーヤの近くには植えないようにしましょう。
害虫の被害が大きくなる可能性が高くなります。

 

■参考
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

 

タグ : 

ゴーヤ栽培 Q&A    コメント:0

ゴーヤ栽培の用土

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


goya
ゴーヤが元気に育つのには良い用土を作ることが大切です

 

 

ゴーヤは、生長が早い野菜で、収穫量も多いです!

ゴーヤの生長を促し、
ゴーヤを大量収穫できる土づくりをご紹介します。

 

 

■ゴーヤ栽培の用土

 

1.ゴーヤの好む土壌
ゴーヤは水はけのよい、肥沃な土壌を好みます。
市販の培養土、野菜用土で大丈夫です。
自作する場合は、赤玉土小粒7に、腐葉土を3の割合で良いです。

 

 

youdo-1

ゴーヤ用の用土

 

 

植物の多くは弱酸性の土壌を好みます。
しかしゴーヤは、中性から弱酸性の土壌を好みます。

 

地植えなどの場合には、土壌pHを確認するのも良いでしょう。
土壌のpHは、土壌酸度計やpH試験紙で計ることができます。

 

土壌酸度系やpH試験紙は、ホームセンターや園芸店で手に入れることができます。
事前に土壌のpHを計って、ゴーヤが育ちやすい土壌を用意しましょう。

 

 

phsikennsi
pH試験紙、小さくて使いやすいです、用途も多様! C)ファーストマーケット

 

 

2.ゴーヤ畑の準備
ゴーヤの畑の準備は、植え付けよりも2~4週間前から行うのが理想的です。

 

早くから畑の準備を行うのは、土壌改良材や堆肥を熟成させ、
畑に良くなじませるためです。

 

ゴーヤの根がしっかりと伸びて行けるように、畑は深く耕します。
土壌が酸性の場合は苦土石灰を入れて中和させます。

 

この時に堆肥を1平方メートル当たり2kg入れてよく耕しておきます。
植え付けの2週間前には有機入り肥料を15~20g漉き込んでおきます。

 

3.ゴーヤの好む肥料
ゴーヤは夏の高温期になると、

葉から蒸発する水分の量が増え、生長の勢いが衰えます。
そのため、真夏に入るまでにできるだけ大きく育てる必要があります。 

 

ゴーヤを勢いよく大きく育てるのに、

元肥は大変重要な役割を果たします。
ゴーヤの生育期間は長いので、

できれば肥料の効き目はゆっくり長く効く方が良いです。

 

有機肥料は牛糞が代表的です。
牛糞は土壌改良としての効果は優れていますが、
肥料成分としての効果は弱いという特徴があります。

 

鶏糞は効果が高く、値段も手ごろで使いやすいのですが、
使いすぎると土壌がアルカリ性に傾いてしまいます。

 

ゴーヤの堆肥には土壌改良効果があり、
肥料成分がゆっくりと効く牛糞と、
即効性で栄養価の高い鶏糞を混合して使うとよいでしょう。

 

また、牛糞と鶏糞にバーク堆肥を混ぜると、
バーク堆肥が肥料成分を蓄え、
ゆっくりと畑に浸透するのを助けるため肥料もちがよくなります。
*バーク堆肥とは、木の皮や木材チップを発酵させたもので、
2~3割程度混ぜ込むと土壌改良材として効果的です。

 

 

goya20(6)

結実しても、肥料切れを起こさないように追肥します

 

 

4.ゴーヤの追肥
生育期間が長く、つる性で大きく育ち、
実も大量につけるゴーヤは、いくら元肥をたくさん入れても、
生育の途中で肥料切れを起こしてしまいます。

 

ゴーヤの実が付きはじめたら、追肥を行う必要があります。
ゴーヤの追肥には、液肥を使うと良いでしょう。
2週間に一度、液肥を薄めたものを水やりの代わりに施します。

>>ゴーヤの種と苗を各種見てみる

 

タグ : 

ゴーヤ栽培の用土    コメント:0