ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤ 連作障害

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


GoyaCurtain (3)
ゴーヤは連作の影響をあまり受けない野菜と言われます

 

 

しかし、何年も同じ場所で同じ植物を植え続けると、
やはり何らかの連作障害が出てくるものです。

 

ゴーヤの場合は、連作障害が現れるのは4~5年だといわれています。
去年育てていたゴーヤの状態で、ある程度被害を予測することができます。 


 

タグ : 

ゴーヤ栽培 Q&A    コメント:0

ゴーヤ 雄花と雌花の違い 画像

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


GoyaCurtain (1)

ゴーヤには雄花と雌花があります

 

 

ゴーヤの花は一見同じ小さな黄色い花のように見えますが、
雄花と雌花の違いはなんでしょうか?
画像でその違いを具体的にご紹介しましょう。 

 


 

タグ :  

ゴーヤ栽培 Q&A    コメント:0

ゴーヤ種の取り方

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


goya007
ゴーヤの種は、良い株から取ります*

 

 

ゴーヤ、今年の栽培に挑戦し、見事、実を収穫できたかたは、
来年のために、種を取ることもできます。 

 


 

タグ :  

ゴーヤ栽培 Q&A    コメント:0

ゴーヤ 育ちが悪い

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


goya201601

ゴーヤを何度も育てているのに、今年だけうまく育たない! ことがあります

 

 

基本に忠実にゴーヤを育てても、育ち具合が悪く実の収穫が少ないということも。

 

近所と比べると、なんだか自分の家のゴーヤだけが育ちが悪い……などなど。
そういった場合、もしかすると原因は水やりや日照だけではないかもしれません。

 

日当たりが悪かったり、水やりが足りない、
あるいは多すぎて根腐れしているということもあるかもしれません。

 

他にも根詰まりを起こしているといったことも原因としては考えられます。
けれど毎年同じ育て方をしているのであれば、こういったことは起きにくくなります。

 

実は、何年もゴーヤを育てている場合こそ、起こる生育不良があるのです。
ここでは、そういった生育不良の原因をご説明します。

 

 

[ゴーヤ 育ちが悪い]

 

 

■育苗に注意する

 

家庭菜園でゴーヤを育てる時、育てる株数が少なかったりすると、
お店で苗を購入して育てる方が多いかと思います。

 

けれど何度もゴーヤを育てていると、種から育ててみようかなという気持ちになり、
自分で育苗した苗を定植して育てようと思うこともあります。

 

そういった場合、育苗した苗が不良苗となってしまい、
その後の生育に影響している可能性があります。

 

種から育てる時の注意点はいくつかありますが、
その中で注意が必要なのが、種を乾燥させないということです。

 

発芽したばかりのゴーヤは、根がまだ未発達なため、
水が切れるとすぐに萎れてしまいます。

 

けれど本葉が出たあたりからは、
いつも土が湿っているという状態では徒長の原因になります。

 

特に夜間に土が湿っていると、徒長しやすくなるので注意します。
徒長した苗はひょろひょろとしていて、その後の生育がうまくいきにくいです。

 

がっしりとした良い苗に育てることが、良い実を収穫するために必要なのです。

 

 

goya-hatuga

ゴーヤの種は、自己採取だけでなく、
数年ごとに販売されている種にすると安心です

 

 

■土壌消毒をする

 

毎年、ゴーヤを育てている場合、
だいたい同じ場所でゴーヤを育てることが多くなるかと思います。

 

グリーンカーテンとして育てているのなら、毎年同じ場所で育てることになるでしょう。
ゴーヤは連作障害が出にくいと言われますが、絶対に出ないのではありません。

 

何年も同じ場所で育てることで、センチュウ被害が起きやすくなったり、
土の中の肥料のバランスが悪くなり、生育不良になることもあります。

 

ゴーヤは頑健な植物ではありますが、毎年同じ場所で育てたいのであれば、
ある程度の対策はしておいて損はありません。

 

センチュウ予防となる植物を植える、土壌消毒をする、
土の肥料濃度をチェックしてから土作りをするなど、できることはたくさんあります。

 

地植えで育てている場合だけでなく、
プランターなど容器で育てている場合も同じように土に注意します。

 

毎年新しい培養土を購入して使っているのであれば良いのですが、
ゴーヤ栽培に使った土を再利用して使う場合は注意します。

 

土を再利用する時は、必ず消毒などをしてから使います。

 

また、培養土を使っている場合であっても、不必要なほど元肥を加える方がいます。
培養土にはすでに元肥が入っているものが多いです。

 

ゴーヤ栽培の場合は、栽培中は多肥にしないことが大切です。
特に栽培初期は、肥料が多すぎるとツルボケ状態になることも多く、良くありません。

 

肥料が多すぎて土の肥料濃度が高くなり、根が傷み生育が悪くなることもあります。
土を中和するための苦土石灰も、必要以上に土に加えると、
土がアルカリに傾いてしまいます。

 

古土を再利用する場合は苦土石灰を加えますが、市販されている培養土の場合は、
すでに酸度も調整されているので、苦土石灰は不要です。

 

 

goya002

ゴーヤを栽培した容器も洗っておきます

 

 

■容器も消毒する

 

プランターや鉢などでゴーヤを育てている場合、
毎年同じ容器を使ってゴーヤを育てているのであれば要注意です。

 

ゴーヤがかかりやすい病気の原因となる菌が土に含まれている場合、
その土が入っていたプランターなどにも菌が付着している可能性があります。

 

この菌が生き残っていると、次にまたゴーヤを育てた時に、
病気にかかる可能性が高くなります。

 

プランターの用土を消毒し用土再生材を加えるとともに、
ゴーヤを育てる容器も、洗って消毒しておくと良いでしょう。

 

 

■品種を確認する

 

ゴーヤは固定種と呼ばれる品種が多いのですが、中にはF1種もあります。
最近では家庭菜園で育てやすいようにと、
品種改良された品種の苗も簡単に購入できるようになってきました。

 

苗を買って育てるだけなら問題ありませんが、
種をとって翌年も栽培するとなると話が変わります。

 

固定種であれば、種をとって翌年にその種を使って育てれば、
親と同じものが収穫できるはずです。

 

ところがF1種の場合は、種をとって育てても、
親と同じ性質にはならないことが多いのです。

 

種の状態によっては、どれだけ注意して育てていても、
生育が悪く実があまりつかないこともあります。

 

種をとりたいのであれば、育てているゴーヤの品種を確認します。
販売されているゴーヤの苗についているタグに、
「F1」や「一代交雑(交配)」という記載があったら、種をとっても同じものは育ちません。

 

 

goya31

 

種の採取は、完熟してからが良い種が採れます

 

 

■完熟してから種を採る

 

育てているゴーヤから種をとり、
毎年その種を使って育てている場合、種自体が不良だと生育が悪くなります。

 

基本的に食べるために収穫するゴーヤの実は未熟果です。
ゴーヤは熟すと黄色くなり、最終的には裂果して中の種が見えるようになります。

 

完熟状態になったゴーヤは、ワタもオレンジ~赤い色に変わるため、
種の表面も赤っぽくなっています。

 

こうなるまで熟した実の種であれば、
しっかりと熟しているため、翌年も育てることができます。

 

未熟な種でも発芽して生育することもありますが、
やはり熟した種に比べると育ちが悪くなることが多いです。

 

種を採る時は、しっかりと熟させた種を採るようにし、
キレイに洗った後は乾燥させて保存しておきます。

 

採取した時には赤かった種も、
種の表面を洗ってキレイにすると、白っぽい色になります。

 

■参考
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

 

タグ : 

ゴーヤ栽培 Q&A    コメント:0

ゴーヤ栽培 相性

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


goya (2)

ゴーヤはとても丈夫で、生育も旺盛で育てやすい野菜です

 

 

ところが、そんなゴーヤでも病害虫の被害にあうことがあります。

防除するために薬剤を使う方法はありますが、
できれば薬剤を使わずに育てたいと思うのが家庭菜園です。

 

ゴーヤと相性の良い植物を一緒に育てることで、
ゴーヤの病害虫を予防する効果が期待できるものあります。

 

こういった、特定の植物を一緒に育てることで、
良い効果を得ることができる植物のことを、コンパニオンプランツを呼びます。

 

反対に、一緒に育てると良くない効果が出るものもあるので要注意です。
ゴーヤ栽培では、どのような植物がゴーヤと相性の良い植物なのでしょうか。

 

 

[ゴーヤ栽培 相性]

 

 

■相性の良い植物

 

ゴーヤはウリ科に分類されているので、
ウリ科と相性の良い植物が、すなわちゴーヤと相性の良い植物といえます。

 

地植えでもプランターなどの容器栽培でも、
次に挙げる植物とゴーヤを混植することで、
良い効果が得られるので、試してみてください。

 

 

hanegi

・ネギ、ニラ類(ユリ科)
ゴーヤと相性の良い植物の代表は、ネギやニラなどのユリ科植物です。
効果としては、ゴーヤがかかりやすい病害虫を予防します。

 

ネギなどのユリ科の植物の根には、特定の菌を抑制する力があります。
特にゴーヤの場合は、連作によってかかりやすくなる、
青枯病や萎凋病などの予防に効果があります。

 

他にも、ネギやニラの独特の香りを嫌う害虫がいるため、害虫予防にもなります。

 

ネギやニラの他にも、チャイブアサツキも混植すると、同様の効果が期待できます。
もちろん、混植した野菜は、生長したら収穫をして食べることができます。
病害虫の予防もできて、食べることもできるなら、植えない手はありません。

 

混植する時は、ネギ類の根の効果を最大限に生かせるように、
ゴーヤの根鉢にくっつけた状態で植え付けるのがお勧めです。

 

ゴーヤの根とネギ類の根を近づけることで、根に近づく病原菌を抑えます。
また、根が近い分、ネギ類の葉とゴーヤのツルや葉も近くなるので、
害虫予防の効果も高めることができます。

 

 

Marigold

・マリーゴールド
ゴーヤはウリ科の植物です。
ウリ科の植物は、毎年同じ場所や同じ土で育てることで、
病害虫にかかりやすくなる「連作障害」が出やすい植物です。

 

ゴーヤに限らず、キュウリやカボチャなどもウリ科です。
前年にキュウリを育てていたとしても、同じ場所でゴーヤを育てれば、
同じウリ科の植物なので連作障害が出やすくなります。

 

この連作障害の中の1つに、センチュウによる被害があります。
中でもネコブセンチュウの被害が出ると、株が徐々に弱って枯れてしまったり、
突然枯れてしまったりすることがあります。

 

ネコブセンチュウの被害にあったゴーヤは、
引き抜いてみると根に小さなコブのようなものがたくさんつきます。

 

このコブができることにより、根が正常に機能しなくなり枯れてしまうのです。
ゴーヤは気温が高くなって生育スピードが早くなってくると、
吸い上げる水分や養分の量が増えます。

 

生長期にセンチュウ被害で、
根が正常に機能しなくなれば、枯れてしまうのは必至です。

 

こういったセンチュウ類の防除に役立ってくれるのが、マリーゴールドです。
マリーゴールド自体は、センチュウを殺虫することはできません。

 

けれど、マリーゴールドをゴーヤの近くに植えることで、
センチュウを近づけないようにすることができます。

 

マリーゴールドを混植する場合、ネギ類ほど近くに植える必要はありません。
ただし、プランターなど容器栽培の場合は、必ず同じ容器の中に植えます。

 

 

ingen

インゲンマメはゴーヤと相性が悪いです

 

 

■相性の悪い植物

 

ゴーヤと相性の良い植物もあれば、悪い植物もあります。
ゴーヤと相性の悪い植物の代表は、マメ類です。

 

生育時期が重なるマメ類には、インゲンやエダマメなどがありますが、
これらをゴーヤの近くには植えないようにしましょう。
害虫の被害が大きくなる可能性が高くなります。

 

■参考
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

 

タグ : 

ゴーヤ栽培 Q&A    コメント:0