ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤジュースの効果

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク


ゴーヤジュースの効果

 

 

ゴーヤジュースは、ゴーヤに水やハチミツなどを加えミキサーで作る、
簡単な健康ジュースとして注目されています。

 

ゴーヤが持つ特有の苦みが苦手な方は、
柑橘系ジュースやバナナなどと一緒にミックスすると、飲みやすくなります。

 

そんなゴーヤジュースですが、飲むとどのような効果があるのでしょうか。
また、炒め物など火を通したゴーヤと比べると、何か違いがあるのでしょうか。


 

タグ : 

ゴーヤ料理・つまみ

ゴーヤ茶とは

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


ゴーヤ茶とは (楽天市場)

 

 

ゴーヤ茶は、ゴーヤを原料にしたお茶で、
近年健康に役立つとして、とても注目されています。

 

ネット通販などでも、製品として販売されているものを見かけます。
ゴーヤ茶は、実際にはどのような効能があるのでしょうか。

 

また、味はゴーヤの味そのものなのでしょうか。
ゴーヤ茶の味や効能などをご紹介します。


 

タグ :

ゴーヤ料理・つまみ

ゴーヤ 下ごしらえ

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク


ゴーヤはひと昔前までは、あまりメジャーな野菜ではありませんでした。
本州や北海道まで流通するようになったのは最近のことでしょう。

 

テレビ放送がきっかけで人気の高まったゴーヤは、
今では夏になるとスーパーでも見かけるようになりました。

 

近日、ゴーヤの安売りしていたものをたくさん買ってきたり、
育てていたゴーヤがたくさん収穫できたり、
またたくさん収穫できた人からいただくこともあるかと思います。

 

そんな時、いきなり予備知識なしに調理すると、
ゴーヤ特有の苦みの先制パンチを受けることになります。

 

ゴーヤをおいしくいただくためには、下ごしらえが必要です。
また、たくさん入手した場合、下ごしらえをしてから保存することで、
調理にかかる時間が短くなったり、保存期間を伸ばすことができます。


 

タグ : 

ゴーヤ料理・つまみ

ゴーヤ 食べすぎ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


ゴーヤチャンプル、毎日でも食べたい!

 

 

ゴーヤは健康にも良いと、番組や書籍などで多く紹介されています。
確かにゴーヤには体を元気にする成分がたくさん含まれていて、
ゴーヤを常食したら夏バテにならずに済んだというような体験談もよく聞きます。

 

では、ゴーヤには食べても良いことばかりで、悪いことは何もないのでしょうか。
例えば、グリーンカーテンと収穫を目的としてゴーヤを育てていた場合、
家族だけでは消費できないほど育つことがあります。

 

こういった大収穫のとき、ゴーヤを毎日食べていたらどうなるのでしょう。
ゴーヤの食べ過ぎの短所についてご説明します。


 

タグ : 

ゴーヤ料理・つまみ

ゴーヤ酒の作り方

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク


goya02

ゴーヤがたくさん収穫できたらゴーヤ種にしましょう

 

 

ゴーヤには、体を健康に保つ様々な効能があります。
そろそろゴーヤ料理も飽きてきたという方には、ゴーヤ酒がお勧めです。

 

ゴーヤをアルコールに漬けるだけの簡単なものですが、
ゴーヤの苦みと旨み、栄養がアルコールに溶けだし、最高の健康ドリンクになります。

 

ゴーヤ酒にすることで、冬でもゴーヤの風味を楽しむことができますよ。

 

 

■ゴーヤ酒の作り方

 

ゴーヤ酒には2通りの作り方があります。
1つは砂糖が入ったもの、もう1つは砂糖が入っていないものです。
どちらでもお好みの味の方にチャレンジしてみてください。

 

・材料(砂糖あり)
ゴーヤ……1.5kg
氷砂糖……500g
泡盛(あるいはアルコール度数43度以上のアルコール類)……3.6リットル

 

・作り方(砂糖なし)
1.保存瓶を熱消毒かアルコール消毒し、完全に乾燥させておく。
2.ゴーヤのヘタとワタ、種を取り除いてさっと洗い、1cm幅に切る。
3.キッチンペーパーなどでゴーヤについている水気をふき取る。
4.保存瓶にゴーヤを半分入れ、その上に氷砂糖、ゴーヤ、氷砂糖の順に入れていく。
5.ゴーヤと氷砂糖が入ったら、泡盛を注ぐ。
6.冷暗所に置いておく。
7.時々中をかき回し、砂糖が溶けるようにする。
8.1ヶ月後くらいから飲めるようになるが、3ヶ月ほど置いた方が熟成する。

 

・材料(砂糖なし)
ゴーヤ……瓶に入るだけ
泡盛(あるいはアルコール度数43度以上のアルコール類)……ゴーヤが浸かるくらい

 

・作り方(砂糖あり)
1.保存瓶を熱消毒かアルコール消毒し、完全に乾かしておく。
2.ゴーヤのヘタとワタ、種を取り除いて洗い、1cmくらいの幅に切る。
3.ゴーヤの水気をふき取ったら、瓶の中に入れる。
4.ゴーヤがひたひたになるくらいまで泡盛を注ぐ。
5.2週間後から飲めるが、1ヶ月後、3ヶ月後にはさらにおいしくなる。

 

 

goya01

ゴーヤの旨みと効果を冬にも味わえます

 

 

◎さらなる苦みと効能
ゴーヤ酒はゴーヤの風味と栄養素がしっかりと溶けだしているので、けっこう苦いです。
熟成させる期間が長くなると、苦みが和らいで味が丸くなります。

 

作り方では、ワタと種を抜いた方法を書いていますが、
さらにゴーヤ丸ごとの栄養と風味を生かしたいという人には、
ワタと種を抜かない方法もお勧めです。

 

表面をさっと洗って水気をふき取り、ヘタを取ったゴーヤを、
そのまま1cm~3cmほどの幅に輪切りにします。
それをそのまま瓶に入れて酒に漬ける方法です。

 

ゴーヤはワタと種にも栄養がたっぷり含まれています。
ゴーヤ酒の苦みも強くなるので、苦いのが好みの方はチャレンジしてみてください。

 

◎砂糖あり?なし?
氷砂糖を入れる方法と入れない方法がありますが、これは完全に好みの問題です。
氷砂糖を入れる場合、出来上がったゴーヤ酒には当然甘みがついています。

 

これが苦手という方もいるので、砂糖なしでも問題はありません。
また、ゴーヤ酒は料理に使うこともできます。

 

この場合、砂糖が入っていると味の邪魔をすることがあるので、
砂糖なしで作った方が無難です。

 

もし飲用と料理用と両方に使う場合は、砂糖なしを作っておいて、
ドリンクとして飲む時にハチミツやシロップなどを入れて甘みを足すようにします。

 

◎ゴーヤ酒の飲み方
ゴーヤ酒は薬用酒のようなものなので、
1日に盃1杯くらい飲むと健康に良いとされています。

 

基本的には健康に良いものですが、
アルコールも摂取しすぎると体に悪いので注意しましょう。

 

ゴーヤ酒は苦いが強い場合があるので、飲む時はロックやストレートよりも、
炭酸などで割った方が飲みやすくなります。

 

お好みの柑橘系のジュースなどと混ぜてカクテルにするのもオシャレです。
甘みの強いフルーツジュース系も合いますし、
キリッとした風味を足すなら生絞りのレモンやスダチ、カボスも合います。

 

同じ沖縄出身のシークヮーサーと合わせると、南国気分に浸れます。
ゴーヤの苦みを無理に甘さで誤魔化すのですはなく、
ジュースを加えて調和させることで、おいしいドリンクに変身します。

 

■参考
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

 

タグ :

ゴーヤ料理・つまみ

ゴーヤのレシピ

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク


goya (1)

ゴーヤは、独特の苦みやシャキシャキとした、食感を活かすと美味しいです

 

 

ゴーヤを昔から食べていた地域には、
各地にゴーヤを使った郷土料理があります。

 

ゴーヤの苦みは洋食やエスニック料理にも合いますし、
御茶請けやビールのおつまみにも最適な料理にもなります。

 

 

[ゴーヤのレシピ]

 

 

■どろりあげ

 

九州の阿蘇地方に伝わるゴーヤの郷土料理です。
水溶き片栗粉でどろりと仕上げるのでついたのがこのレシピの名前です。
カボチャの甘みをつかってゴーヤを食べやすいように工夫しています。

 

・材料
ゴーヤ1本
カボチャ1/4
ちりめん雑魚適量
小麦粉大さじ2
だし汁100cc
醤油大さじ1/2

 

・作り方
1.ゴーヤは縦半分に切り、ワタを取り、1㎝幅に切る。
2.カボチャは1~2㎝の厚さに切る。
3.鍋にカボチャを入れ、だし汁で柔らかくなるまで煮る。
4.ゴーヤとちりめん雑魚を入れ、一煮立ちさせる。
5.醤油を加え、味を調える。水溶きの小麦粉を加え、よく混ぜ合わせる。

小麦粉に透明感が出たら火を止める。

 

 

goya012
■ヒラヤチー

 

沖縄のおやつで郷土料理です。
平たく焼くので「ヒラヤチー」という名前で呼ばれています。
シンプルですが、苦みが和らいで食べやすくなっています。

 

・材料
ゴーヤ2本
小麦粉200g
水300g
サラダ油適量

 

・作り方
1.ゴーヤは縦半分に切り、ワタを取り、薄く切る。
2.小麦粉を水で溶き、ゴーヤを加えて混ぜる。
3.フライパンに薄くサラダ油を引き、2を流しいれる。両面を弱火でじっくりと焼く。

 

 

■ゴーヤの刺身

ゴーヤのいぼの部分だけをそいで落として食べると、
強い苦みを感じることなくおいしい食感だけをいただけます。

 

・材料
ゴーヤ1/2本
みょうが4本

 

・作り方
1.ゴーヤは縦半分に切りいぼの部分だけをそぎ落とす。
2.ゴーヤを薄くスライスし、氷水にさらし、水気を切る。
3.みょうがを薄くスライスする。
4.器に盛り、ポン酢しょうゆや生姜醤油でいただく。

 

 

■ゴーヤの白和え
ゴーヤを白和えにすると、苦みを豆腐が包み込んで食べやすくなります。
ゴーヤのおいしい食感が生きています。

 

・材料
ゴーヤ1本
豆腐1丁
味噌大さじ1と1/2
砂糖大さじ2
ごま大さじ3

 

・作り方
1.豆腐を4つに切り、ペーパータオルに包み、しばらく置いて水切りをする。
2.ゴーヤは縦半分に切り、ワタを取り、薄くスライスする。
3.ゴーヤを軽く塩でもみ、水気をしぼる。
4.豆腐をボウルに入れ、味噌、砂糖、ごまを入れてよく混ぜる。
5.ゴーヤを入れてよく和える。

 

 

goya011

お料理されるのが好きなゴーヤ♪

 

 

■ゴーヤのパスタ
ゴーヤをペペロンチーノ風にアレンジすると、
ゴーヤの苦みがスパイスになって絶品です。

 

・材料(3人分)
ゴーヤ1/2本
スパゲティー240g
にんにく6片
鷹の爪1本
オリーブオイル適量
塩・胡椒・醤油少々

 

・作り方
1.ゴーヤは縦半分に切り、ワタを取り除き、薄くスライスする。
2.にんにくは薄くスライスし、鷹の爪は種を取って細かく刻む。
3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩大さじ1を入れ、
沸騰したらスパゲティーを所定の時間茹でる。
4.フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火で鷹の爪を炒める。
5.にんにくを加え、きつね色になるまで炒める。
6.茹で上がったパスタとゴーヤを加え、強火で一気に炒め、
塩・胡椒・醤油で味を調える。

 

 

■ゴーヤのエスニック冷しゃぶ
豚肉と相性の良いゴーヤは、冷しゃぶに加えてもおいしくいただけます。
ナンプラーを使ったたれで、エスニック風に仕上げています。

 

・材料
ゴーヤ1本
豚肉(しゃぶしゃぶ用)300g
玉ねぎ1個
にんにく1片
ナンプラー大さじ1
レモン汁大さじ1
砂糖小さじ2
粉唐辛子少々

 

・作り方
1.玉ねぎをスライスラーで薄切りにし、水にさらす。
2.ゴーヤは縦半分に切り、ワタを取り除き、薄くスライスする。氷水にさらし、水気を切る。
3.鍋に湯を沸かし、豚肉をしゃぶしゃぶにし火が通ったら氷水に入れる。
4.ボウルにすりおろしたにんにく、ナンプラーレモン汁、砂糖、粉唐辛子を入れ、よく混ぜる。
5.水けを絞った玉ねぎ、豚肉、ゴーヤを入れ、混ぜ合わせる。

 

 

goya010

沖縄にはたくさんの美味しい食材があります

 

 

■ゴーヤチップス
ゴーヤを使った揚げたてのチップスは、
おやつにもおつまみにもなります。
ゴーヤをたくさん使うので、取れ過ぎた時におすすめです。

 

・材料
ゴーヤ
揚げ油

・作り方
1.ゴーヤを縦半分に切り、ワタを取り、薄くスライスする。
2.ゴーヤをザルなどに広げ、4~5時間陰干しにする。
3.180度に熱した油でこんがりと揚げる。
4.揚げたてのゴーヤに塩を振る。

 

 

■ゴーヤのゼリー
ゴーヤの苦みに、黒蜜がよくある上品なデザートです。

 

・材料
ゴーヤ250g
粉ゼラチン10g
水3カップ
黒蜜適量
レモン汁適量

 

・作り方
1.ゴーヤは縦半分に切り、ワタを取り、1口大に切る。ミキサーにかけ、水分をしぼり、ジュースを取っておく。
2.鍋に水を入れて温め、粉ゼラチンを溶かす。
3.ゴーヤのジュースを入れて混ぜ、パットなどに流し、冷やし固める。
4.食べやすい大きさに切り分けて器に盛り、黒蜜とレモン汁をかけて食べる。

>>ゴーヤ種の取り方

 

 

タグ : 

ゴーヤ料理・つまみ

ゴーヤの保存方法

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


goya (2)
ゴーヤを上手に栽培できると、収穫量はとても多くなります

 

 

毎日収穫できるので、食べるのが間に合わなくなります。
採れ過ぎたゴーヤは、どのように保存するとよいのでしょうか?

 

 

■ゴーヤの保存方法

 

1.そのまま保存する
ゴーヤを冷蔵庫で保存するときは、
ビニール袋やラップで包み、乾燥を防ぎます。

 

冷蔵庫に入れて保存するときは、
実っていた方向に立てて置いておくと少し長く保存できます。

 

採れた実のままの状態で冷蔵庫保存し、
おいしく食べられるのは3日くらいです。

 

2.ワタを取って保存する
ゴーヤはワタと種を取ると保存期間が長くなります。
ゴーヤを縦半分に切り、スプーンなどでワタを取り除きます。

 

ワタと実の境目が一番苦いので、
ワタをしっかりと取り除いたほうが食べやすくなります。

 

ワタを取り除いたゴーヤは、新聞紙にくるんで冷蔵庫で保存します。
保存できる期間は1週間程度です。

 

3.冷凍保存する
ゴーヤを生の状態で保存しても食べきることができないときは、
冷凍保存がお勧めです。

 

ゴーヤを半分に切ってワタを取り除いたら、
自分が一番料理で使う厚さにスライスします。

 

ジッパー付きの保存袋に入れ、空気を抜いてジッパーを閉め、
冷凍庫に入れて保存します。

 

ゴーヤチャンプルなど、炒めものにするときは解凍せず、
そのまま使うことができて便利です。
冷凍保存で1~2か月保存することができます。

 

 

goya006

冷凍保存すればゴーヤチャンプルにも使えます

 

 

4.乾燥させる
ワタごと薄くスライスし、ザルなどに広げて天日干しにします。
3日ほど干して、完全に水分が抜けたら保存瓶に入れて保存します。

 

水分が残っているとかびてくるので、
茶色くしわしわの状態になるまでよく干しましょう。

 

そのままの状態で、半年ほど保存することができます。
干しゴーヤはそのまま油で揚げるとゴーヤチップスになります。

 

切り干し大根と同様に、水でもどして調理することもできます。
水につけてもどすときは、ワタと種の部分は取り除きます。

 

5.お茶にする
乾燥ゴーヤをフライパンでさらにいると、ゴーヤ茶になります。
ビタミンCなどのビタミン類や、
ミネラル成分がたくさん入っています。

 

血糖値を下げたり、脂肪の分解作用があって、
ダイエット効果があったりと、とても健康に良いお茶です。

 

6.漬物にする
干しゴーヤを使って漬物を作ることもできます
ゴーヤ1本に対して酒大さじ3、醤油大さじ3、みりん大さじ3を、
ジップ付きの保存袋に入れます。

 

干しゴーヤを入れ、よくもんだ後冷蔵庫に入れます。
一晩おいたほうが味がしみておいしくなります。

 

7.佃煮にする
ゴーヤ500gに対し、醤油50cc、砂糖100g、酢40ccの調味料で作ります。
ゴーヤを縦半分に切り、種を取ったら薄くスライスします。

 

ゴーヤを熱湯でさっとゆで、ザルにあげて水けをきります。
鍋に調味料を入れて沸騰させた後、
ゴーヤを入れ、中火で汁気がなくなるまで煮ます。

 

 

goya-tukudani
ごはんが進む、佃煮です

 

 

保存瓶に入れて冷蔵庫で保存すると、半年ほど日持ちします。
たくさん作ってジップ付きの保存袋に入れ、
冷凍保存することもできます。

 

■参考
ゴーヤ 地植えの育て方

ゴーヤ プランターの育て方

 

タグ : 

ゴーヤ料理・つまみ

ゴーヤチャンプルの作り方

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


goya006

ゴーヤチャンプルは、ゴーヤ料理の代表です

 

 

ゴーヤ独特の苦みや食感を活かしながら、
おいしく作るレシピをご紹介します。

 

 

■ゴーヤチャンプルの作り方
・ゴーヤの選び方
ゴーヤは、いぼがごつごつし、固い実を選びます。
緑色が鮮やかで、艶のあるものが新鮮です。

 

 

111

ゴーヤも朝取りが美味しいです

 

 

・ゴーヤの苦みを取る方法
ゴーヤは、ワタに隣接している部分が最も強い苦みがあります。
ゴーヤは、すぐに縦半分に切り、スプーンでワタを取り除きます。

 

ワタを取り除いた後、一番外側の実もそぎ取ると、苦みがマイルドになります。
苦みが苦手な人は、ゴーヤをできるだけ薄くスライスするとよいでしょう。

 

塩もみをすると苦みは和らぎますが、
ゴーヤのシャキシャキとした食感は失われます。

 

・ゴーヤチャンプルを上手に作るコツ
ゴーヤの苦みや食感を活かすためには、ゴーヤは一番後に入れ、
強火でさっと火を通します。

 

ゴーヤは油との相性が良い野菜です。
炒める時は油をすこし多めにするか、

豚ばら肉やポーク缶(ランチョンミート)を使うと、
おいしく仕上がります。

 

 

■ゴーヤチャンプルの材料

 

おいしいゴーヤチャンプルの材料です。
材料は、4人分です。

 

ゴーヤ1本
豚ばら肉150g
*ポーク缶だと本格派です。
木綿豆腐1丁
人参少々
卵2個
酒大さじ1
醤油大さじ2
オイスターソース大さじ1
だしの素小さじ1
胡麻油大さじ1
サラダ油大さじ1
小麦粉大さじ1
塩・胡椒適量
鰹節1袋

 

 

■ゴーヤチャンプルの作り方

 

1.豆腐を2㎝角に切り、キッチンペーパーに乗せ、
電子レンジ600Wに1分かけて水切りをする。

 

2.ゴーヤは縦半分に切り、ワタと実の内側をそぎ落とし、
薄くスライスする。人参は千切りにする。

 

3.豚肉(ポーク缶)は食べやすい大きさに切り、
塩・胡椒をし、小麦粉をまぶす。

 

4.フライパンにサラダ油を熱し、
豆腐を軽く焦げ目がつくくらいまで炒め、皿に取る。

 

5.フライパンを軽くふき、胡麻油を敷き、豚肉を炒める。

 

6.豚肉に火が通ったらゴーヤを入れ、強火でさっと炒める。

 

7.豆腐を戻し、酒、醤油、オイスターソース、だしの素を入れ味をつける。

 

8.溶き卵を回しかけ、さっと炒める。卵が固まったら火を止める。

 

9.器に盛り付け、好みで鰹節をかける。
 

■参考

 

タグ : 

ゴーヤ料理・つまみ