ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

しろくまゴーヤ 摘心と誘因

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


■しろくまゴーヤ 摘心と誘因

 

こんにちは、Senaです。
しろくまゴーヤ、植え付けが早かったのか、生育がとてもゆるやかです。

 

白ゴーヤの特徴でもあるので仕方が無いかもしれません。
*しろくまゴーヤ 栽培スタート 参照。

 

気が早かったのですが、5月24日に摘心を行いました。

摘心は、親づるの本葉が5枚程度になってからか、
1mくらい伸びてから行うこともあります。

 

今回は本葉5枚程度で摘心をしました。
まだ細いので手でポキッと折って摘心をしました。

 

 


5月24日 しろくまゴーヤ 摘心

 


 

タグ : 

ゴーヤ 栽培記録

ゴーヤ 保温しました!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


こんにちは、Senaです。
ゴーヤを植え付けたのは5月11日で、
まだ寒い日が続いています。

 

観察したのは5月20日なのですが、
寒かったり暑かったりを繰り返していて、野菜も大変そうですね。

 

 

■ゴーヤ 保温しました!

 

しろくまゴーヤのその後ですが、保温をすることにしました。
ゴーヤは暖かい地方の作物なので、生育適温が他の野菜に比べて高いです。

 

生育適温は20℃~30℃とされています。
5月で何もせずに30℃近くを保つのは難しいので保温をします。

 

また、白ゴーヤの特徴として初期の生育が大人しいので、
低温だとより大人しくなってしまうので、
少しでも温度を上げて生育を促進させるのがコツのようです。

 

我が家にはホットキャップ(苗に被せるキャップ)が無いので、
ホットキャップのかわりに何か使えないかと探しました。

 

物置などを漁ったところ、肥料や土が入っていた袋がありました。
選んだ袋は種まきに使った土袋で、それも、内側が黒いタイプの袋でした!
黒いと、保温してくれる感じがするので丁度良いです。

 

 

物置で見つけた袋

 

 

これで白ゴーヤが快適な温度で過ごせるはずだと思い、
支柱を使い、形を作って被せてみました。

 

内側は太い支柱4本くらいで作っていますが、
強風が吹かない場所であれば、
小さい支柱を4本、苗を囲うように立てて袋を被せても良いと思います。

 

 

5月20日 しろくまゴーヤ 保温

 

 

こんな感じにしておくと、ゴーヤの生育適温を保てると思います。
昼間は袋を取り、夕方くらいからこれを被せておくと良いと思います。

 

袋の上部は開けて、風が通るようにしています。
また、水やりは袋の上から与えるよりは、
袋を少し持ち上げるか、毎回とって与えたほうがよさそうです。

 

この袋を使う方法は、よく地植えで栽培するときに行うのですが、
高い生育温度を必要とするゴーヤは特に最適かもしれません。

 

植え付けて9日くらい経つのですが、
土が乾くのでなるべく毎日水やりをし、雨の日は見守り……。

 

そのような過程で、白ゴーヤはちょっとずつ生長しているみたいです。
活着したころなので、そろそろ摘心し子づるを伸ばしていこうと思います。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

■参考
・ゴーヤ 緑のカーテン
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

 

タグ : 

ゴーヤ 栽培記録

しろくまゴーヤ 栽培スタート

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


こんにちは、Senaです。
初めてゴーヤを育てます。
本サイトのゴーヤの育て方を見本にして、
栽培していこうと思います。

 

実は、私、ゴーヤの苦みが苦手なんです。
先日、もう1回ゴーヤに挑戦してみようと思い、
緑ゴーヤを購入、苦みを抜いて調理して食べてみたのですが、
それでも苦かったのです。。。

 

いろいろ調べていると、苦みの薄いゴーヤがあるのですね。

今回は、苦みの薄い白ゴーヤを育ててみたいと思います。


 

タグ : 

ゴーヤ 栽培記録