ゴーヤ 育て方

ゴーヤの育て方.com

ゴーヤと長芋のスープ

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク



ゴーヤで簡単にエスニック風の美味し~スープが作れます

 

 

■ゴーヤと長芋のスープ

 

ゴーヤは炒め物に使うことが多いですが、スープに使うこともできます。
ほろ苦くウリ特有の青い香りは、エスニック風のスープにぴったりです。
エスニック料理というと、ナンプラーなどの特別な調味料を使うイメージがありますが、

 
今回のレシピではナンプラーは使わず、普通の醤油を使います。
ゴーヤを使うことで体力回復や夏バテ防止にも効果が期待できます。
暑いと温かいスープを敬遠しがちですが、

 
レモンを加えてさっぱりとしているこのスープなら、暑い日でも食べやすいですよ。

 

●材料

ゴーヤ……1/2本
長芋……100g
クウシンサイ……50g

 

水……400cc
チキンスープの素(顆粒)……小さじ2
レモン汁……小さじ2
薄口醤油……小さじ1

 

●作り方


1.ゴーヤはヘタを切り落とし、半割りにして中のワタと種をスプーンなどで取り除いて、2mmほどの薄切りにします。
長芋は皮を剥き、小さめの乱切りにします。

 

クウシンサイはさっと洗い、切り口を1cmほど切ります。
葉と茎に分け、茎は3cmほどの長さに、葉は2cm~3cmほどの幅に切ります。

 

 


2.鍋に水を入れ中火にかけます。
沸騰したらチキンスープの素を加えてとかし、長芋を加えて2分ほど煮ます。
クウシンサイの茎を加えて1分煮たら、ゴーヤを加えてさらに1分煮ます。

 

 


3.クウシンサイの葉を加え、しんなりしたらレモン汁と醤油を加えます。
全体を混ぜたら味見をし、塩加減に問題がなければ出来上がりです。

 

●ポイント

今回はクウシンサイを入れていますが、なければ別の葉物野菜でも美味です。
もし葉物野菜が何もなければ、無理に入れなくても大丈夫です。

 

チキンスープの素は、メーカーによって味の濃さが異なることがあります。
レシピに使ったチキンスープの素は、
300ccに小さじ2が目安となるものを使っています。

 

具を煮込む時に水分が多少飛ぶので、分量では少し多めの水分量になっています。

最後に味見をした時、味が薄いと感じたら、醤油か塩を足して調節してください。

 

■参考
・ゴーヤ 緑のカーテン
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

 

タグ :  

ゴーヤ料理・つまみ    コメント:0

ゴーヤのぶっかけそうめん

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク



冷たくてあったかい、新感覚のぶっかけ麺です

 

 

■ゴーヤのぶっかけそうめん

 

夏はそうめんが大活躍する季節ですが、

茹でたものをめんつゆで食べるだけでは、すぐに飽きてしまいます。

かといって調理時間が長いものや洗い物が増えるのは面倒です。

そんな時は、ぶっかけそうめんがお勧めです。

 

ゴーヤをトッピングに使うことで、暑さで疲れた体も回復させてくれます。
休日のお昼ご飯やブランチにもお勧めです。

 

●材料

ゴーヤ……1/2本
ソーセージ……1袋(5本~7本)
卵……1個
マヨネーズ……大さじ1
塩コショウ……少々
そうめん……2輪

めんつゆ……適量
レモン汁……小さじ1~

 

●作り方


1.ゴーヤはヘタを切り、縦半分に切ってからワタと種を取り除いてから、2mm~3mm幅くらいの薄切りにします。
ソーセージは1cm幅くらいの斜め切りにします。
卵は塩コショウを加えてといておきます。
深めのフライパンにたっぷりの湯を沸かし、そうめんを表示通りに茹でます。
茹であがったそうめんは冷水で表面のぬめりをとるように洗い、ざるにあけて水気を切っておきます。

 

 

 


2.そうめんを茹でたフライパンのお湯を捨て、中火にかけます。
水分が飛んだらサラダ油(分量外)を薄くひき、ソーセージを入れて焼き色がつくまで炒めます。
ゴーヤを加えてさっと炒めたら、マヨネーズを加えて炒め合わせます。
マヨネーズが全体に回ったら、溶き卵を加えて火が通るまで炒めます。

 

 


3.器にそうめんを盛り、ひたひたになるくらいまでめんつゆを入れます。
そこにレモン汁を加えて混ぜ、最後に炒めたゴーヤを乗せたら出来上がりです。

 

●ポイント

ゴーヤの厚さはお好みで構いませんが、ほどよく食感が残った方が美味です。

めんつゆは、ストレートでも濃縮でもどちらでも構いません。

濃縮の場合は、つけつゆ程度に薄めてからそうめんにかけましょう。

 

ゴーヤは炒めたての熱々をのせてもおいしいですし、

冷蔵庫で冷やしてからのせても、とてもおいしく食べられます。

 

■参考
・ゴーヤ 緑のカーテン
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

 

タグ : 

ゴーヤ料理・つまみ    コメント:0

ゴーヤとタマネギのおひたしサラダ

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク



爽やかな苦みとほんのりした甘みの健康サラダ!

 

 

■ゴーヤとタマネギのおひたしサラダ

 

夏になると、グリーンカーテンや家庭菜園として、
ゴーヤを育てる方が増えてきました。

 

最初は炒め物にしたりして楽しめていたゴーヤも、
毎日収穫となると、炒め物ばかりでは飽きてきます。

 

そんな時は、思い切って副菜にゴーヤを使ってみましょう。
レンジを使って簡単に作れるので、暑い日でも苦になりません。

 

さっと火が通った状態になるので、ゴーヤもタマネギも爽やかさを失わず、
独特の風味も残っておいしい逸品となります。
夕ご飯の箸休めに、お弁当にと、使い勝手の良いおかずです。

 

●材料

ゴーヤ……1本
タマネギ……1/4~1/2
かつお節……小1袋(約2g)

 

お好みのポン酢やだし醤油……適量

 

●作り方


1.ゴーヤは両端を切り落とし、
縦半分に切って中のワタと種をスプーンで取り除きます。
タマネギは皮を剥き、ごく薄切りにします。

 

 


2.耐熱容器にゴーヤを入れ、その上にタマネギを重ねてラップをし、
レンジ500wで2分~2分30秒かけます。
レンジをかけ終わったら、熱いうちにかつお節をふりかけ、
全体によく混ぜ合わせます。

 

 


3.全体にかつお節が回ったら、お好みのポン酢やだし醤油などを回しかけ、
全体をよく混ぜます。
全体によく混ざったら出来上がりです。

 

●ポイント

画像では紫タマネギを使っていますが、
新タマネギや普通のタマネギでも構いません。

 

普通のタマネギを使う場合、レンジにかけても辛みが残る場合があります。
辛味やタマネギの風味が強いと感じる場合は、
水に少しだけさらしてからレンジにかけます。

 

レンジをかけたゴーヤは、パリッとした食感が残っているのに、
生ほどの苦みがなく、食べやすくなっています。

 

もし2分30秒かけても生っぽさが残るなら、30秒ずつ足して様子を見ます。
ただし、火を通しすぎると、ゴーヤが柔らかく食感が悪くなるので注意します。

 

味付けはお気に入りのポン酢醤油や、塩ポン酢、
だし醤油に柑橘の果汁を混ぜたもの、ドレッシングなども使えます。
作りたても美味ですが、一度冷やして味をなじませると、さらにおいしくなります。

 

■参考
・ゴーヤ 緑のカーテン
・ゴーヤ 地植えの育て方
・ゴーヤ プランターの育て方
・ゴーヤ 摘心・剪定の仕方は?

 

タグ :  

ゴーヤ料理・つまみ    コメント:2

人気の記事